キャッシングに収入証明が不要な会社を簡単に探す方法

まず、キャッシング審査通過に収入証明が必要な場合を考えてみましょう。貸金業者である消費者金融業者や信販系の場合には、総量規制の適用がありますので、50万円を超える場合の融資、および他社との合計で100万円を超える場合の融資の際には、収入証明書の提出が義務付けられています。これに違反すると行政処分の対象となり、営業停止などの厳しい処分を受けます。つまり、貸金業者からのキャッシングでは、上記のケースで収入証明が必要になります。
次に、銀行カードローンの場合には、銀行は貸金業者ではありませんので総量規制の適用外となり、収入証明書の提出は銀行の独自の審査基準で各行ごとに定められています。最近、よく銀行カードローンの広告で、原則200万円までは収入証明不要、同じく300万円までは収入証明不要と言っているのはこのためです。従って、銀行カードローンで収入証明書が必要になるのは、原則として各行の定めた貸出金額以上の場合ということになります。
従って、上記のケースにあてはまらない場合には収入証明不要ということになり、貸金業者の場合には、すべて、50万円以下や他社合計100万円以下の場合には、原則として収入証明不要となります。また、銀行カードローンのケースでは、銀行ごとに異なりますので、これらの条件を探す方法としては、ネット上の銀行カードローン一覧情報などで確認することができます。ただし、これらのサイトが最新の情報でない場合もありますので、申し込みの際には必ずホームページで確認しておきましょう。